即日セフレ欲しいならまずはセフレを見つける基礎を固めよう!

セフレとは?

セックスフレンドorange cupの略語。他にもセクフレ、ヤリ友、エッチだけする関係とも言われています。
男女の恋愛的な関係はないのでその名の通りセックスだけするだけです。体だけの関係の付き合いなので主にラブホテルで待ち合わせをしてセックスをやったらすぐに別れる。
というパターンが多いです。なのでセフレがどんな育ち方をしてきたのか?セフレがどんな仕事をしている人なのか?
という背景を全く知らずに関係を持っている人が多いです。

セフレは男女のみの体の関係を持つ行為のことだと思われがちですが、男同士(ゲイ)や女同士(レズ)といった同性間の関係のセフレもあります。

セフレの作り方


せフレ動画ではセフレの作り方について紹介します。
セフレの作り方でメジャーなのは”出会い系サイト”です。出会い系サイトは異性や同性同士が出会うネット上のサービスですが、出会い系サイトは詐欺、強姦、未成年を売春、といった行為が多発してユーザーが良いイメージを抱かずに出会い系離れをする人が増えてきました。

現在ではSNSサービス、例えば”ツイッター”や”フェイスブック”などでセフレ募集をする人も少なくはありません。
SNSでセフレを募集しても実際の所本当にセフレを見つけることができているのか真相は謎ですが、成功確率は出会い系サイトと同じくらいだと思います。出会い系サイトでは男女を偽ったサクラが多く存在してユーザーをだます業者がいてなかなか会うことに苦労しますが、ツイッターやフェイスブックでもこういった業者が増えてきました。

特に昔と変わらず本人でもないプロフィール写真やエッチな写真を使って誘惑する業者も多いのですが、更に厄介なのが一昔前まではコンピュータでメールを自動返信していた文章は話が噛み合わずすぐに業者だと分かることができたのですが、最近では人間の手でメールの文章を作ってやり取りするので本人か偽物なのか見分けを付ける事が困難にもなってきてます。

”某SNS”でも突然写メ付きのメールを送ってきて誘惑する人がいますが、こういった業者も簡単に偽物だと判断するポイントがあります。
それは、「地元の話をする」事です。

即日セフレが欲しいセフレを探すユーザーは当たり前の事ですが近場で検索する人が多いでしょう。なのでもし、セフレ候補となる相手とのメールのやり取りで地元ネタが通じないと言うことは偽物の可能性が高い事になります。
ただ、業者だって頭が悪くはありません。例えば「最近引っ越してきたからあまり地元のこと詳しくないんだなぁ」なんて事を言ってくるでしょう。
それでも、話のテーマを変えて相手の年代に対応できるニュースなどをふってみましょう。

平成生まれの人で話題になった会話などをして相手を試してみるのです。それでも話が噛み合わないのであればさっさとおさらばしましょう。

前置きが長くなってしまいましたがセフレの作り方はまずこういった事を踏まえて行って下さい。
実際にはアポをとれた相手が偽物で無いと判断できたなら話は自然と早いはずです。だって相手もセフレを探しているのですから。。後は条件ですね年齢や場所などなど。。

先程、出会い系やSNSを紹介しましたが、出会いアプリがセフレ作りでは使えます。現在では時代が進みGPS機能を使って近場で会える相手を探すことも可能ですから!

セックスがしたい女の特徴を見つけてセフレにしよう

女性のセックスに対しての欲求は男性に比べても意外に凄まじい物があります。でないとAV女優があんなに数多くいるわけがありません。
また人口の多い東京都内や大阪、北海道、福岡各地で女性を対象にしたアンケートで「セックスがしたい時はどんな時?」と質問した所、「お酒を飲んで気持よく酔っ払った時」という回答が寄せられました。

そうです、師走から年末年始の時期こそお酒の機会が増える事が多いので居酒屋などでナンパすればセックスできる可能性が上がります。

しかし注意してほしいことは女の子を泥酔させたり泥酔してる女の子を持ち帰らないことです。泥酔しているということは理性を失っている状態ですから酔いが覚めた頃、最悪の場合警察に被害届を提出される事態になりかねません。
そうならないためにもポイントはホロ酔いしてる女性を上手くトークで落とすこと!

酔ってる女性はあなたのことに興味がなくても酒が入っているので普段より2割増しくらいアップしてるのでお持ち帰り成功率は高くなっています。

チェック!

セックスがしたい女の特徴は・・・・

ほろ酔いになっている女性

セフレにする男の特徴~セフレを見つける基礎~

女性の場合デリケートな方が多いですからなかなかセフレができない男性は”セフレにする男の特徴”を知っておく必要があります。
コレだけ知っておけば今までセフレができなかったことが嘘のようにグッと成長できますから。

まず、「プロフィールの写メは嘘でも良い!」
まずは実際に会うことが第一目標ですからネットなんて照明効果や写メを加工して詐欺写メでも良いです!
ここで真面目になって普通の写真を使っては絶対に1歩前進することができないです。女性はオシャレが好きな生き物なので雰囲気だけで良いのです。

「相手に条件を求め過ぎない」
相手に年齢や身長、好きなプレイなどいちいちそんなことを求めていたら相手も疲れて他のパートナーを探すでしょう。なのでそう言った具体的なことは効かず完璧を求めないのがセフレを作る1つの手段です。

「清潔感を大事にする」
実際に会うことができたらセックスまで急いではいけません。大抵の人が体だけを求めているので待ち合わせの場所はラブホテルでしょうがそれでも焦ってはいけません。
そして、セックスの前は必ず歯を磨いて爪を切りシャワーを浴びる事が大事です。
セフレというものネットで知り合った見ず知らずの他人なわけですから性感染症になってしまえばシャレになりません。
また身だしなみも会う前からしっかり整えていくことでよりスムーズにセックスまでいけるでしょう。

もう一度エッチしたいと思わせることが大切

セフレにする男の特徴を知ったらあなたは今頃、驚くほどセフレができて今頃ウハウハな気分でしょうが、パートナーと1度っきりで関係を終わらせたくない場合、もう一度エッチしたいと思わせることが大切です。
それはセックスの上手さがどうとかの話ではなく誰にでもできる方法があります。

それが”紳士的に優しく接すること”です。

女性は誰でもお姫様でいたいという心理から特別にされる事を好みます。もちろんこの関係は恋人同士といった恋愛関係ではないので特別扱いする限りがありますが、ちょっとした事で十分です。
レディーファーストという言葉がありますが、イタリアやアメリカ男性がモテるのはこのレディーファーストを上手く活用してるのでモテるのです。

セックスが上手いとかオシャレとかそんなことどうだっていいのです。セックスの最中も優しく、終わっても優しく常日頃から行うことであなたは初めて会ったセフレとこれから長く関係を続けられるパートナーになるでしょう。

セフレのメリット・デメリット

セフレがいるメリットは、性的興奮でセックスしたくなったらいつでも都合よく会ってヤレる事が1番のメリットです。そこには恋愛感情はないのですから面倒くさいデートも一切なし!それ以外なにもありません。もちろん、恋人ではないのでパートナーを何人も作っても問題じゃありません。

セフレサイトや掲示板では様々なタイプがいて人妻や熟女といったタイプも多いです。こういった人達が平気でサイトに書き込みをしてセフレ募集していることに興奮を覚えます。

反対にデメリットと言うとメンヘラに合う確率が高いということです。メンヘラとはメンタルが安定しない人の事を言い極度の寂しがり屋が多いです。
そのせいでしょうか、自分を相手にしてくれる異性に対して簡単に体を許してくれます。

しかし、1度別れを切り出すとショックで自傷行為をしたりなど厄介な面もあります。恋人ではないのですが勘違いする人も多いということです。

また人妻や熟女にもデメリットが有ります。家庭を持っていて夫や妻に内緒でセフレ募集しているわけですから、万が一不倫や浮気の関係がバレた時には慰謝料を請求されるリスクもつきまとうのです。

恋人がいてもセフレ欲しい人

恋人がいてもセフレ欲しい人の多くは恋人のセックスに満足できていない意見が圧倒的に多くその為にネットで体の関係を持てるパートナー探しをするのです。
「自分の恋人はセックスに満足してるしそんな事するわけがない」なんて思っているあなたのパートナーも絶対に無いという可能性はゼロではないはずです。

実際に若者の街渋谷で20代~30代の女性に「恋人がいてもセフレ欲しい?」と100人にアンケートを取った所6割の女性が「欲しい」という結果で実際にはセフレが欲しい女性
が圧倒的に多いのです。

もし、あなたの恋人がセフレを探している可能性があるのであれば「もう一度エッチしたいと思わせることが大切」でも紹介したように優しく接してあげることで満足させてあげて下さい。
これは浮気防止にもなりますので効果的です。

■出会い系サイトの形態変化
出会い系サイトは、登場してから今に至るまでの間に、かなりの形状変化を遂げてきました。
そもそも出会い系サイトというのはなんなのかということからお話させてもらうと、出会い系サイトというのは男女間の出会いを斡旋してくれるサービス業をやっているインターネット上のウェブサイトのことです。
このサイトでは、さまざまな種類の男女が、さまざまなタイプの男女がさまざまな異性との出会いを目的として活動しています。
サイト内部の掲示板には、一日に何人もの人が書き込みをしていますし、何人もの人が出会いを求めて掲示板を読んだり、掲示板に掲載している人にメールを送ったりしています。
出会い系サイトはポイントをお金で買うことによって利用することができるというもので、お金を買わなければメールを送ることができませんし、もっと言えば掲示板さえ利用することができません。
掲示板を利用するのにもメールを送るのにも全てお金がかかってくるのです。
だからこそ安全に利用することができますし、お金をかけているからこそ運営側はそのお金を使ってさらに良いサービスになるようにサービス向上に努めることができますし、いろいろな機能を追加したりすることができるのです。
きちんと課金してもらうということは、サイト側にとっては大切なことなのです。
サイトを運営するにもお金がかかってくる世の中ですから、何にでもお金がかかりますから、それらをカバーするためには有料サービスにするしかないのです。
それに、有料じゃない出会い系サイトなんていうのはかなり胡散臭いです。
信頼を得るという意味でも、お金を取るということは必要なことなのであって、お金を取るということは決してマイナスにばかり働くことではありません。

■出会い系サイトの昔
昔の出会い系サイトというのは、今とかなり違っていました。
確かに人々の出会いを斡旋するものではあったのですが、サイトの見た目や機能面に関してかなりの違いがあったのです。
出会い系サイトが登場した当初は、本当に掲示板機能とメール機能があるだけで、サイトを利用するための料金も今よりも比較的に高めでした。
というより、はっきり言うと高かったのです。
「え!? こんなにするの!?」というような金額でした。
出会い系サイトは昔はどんな見た目だったのかと言いますと、なんだかちょっとアダルトチックでアンダーグラウンドな見た目をしていました。
アンダーグラウンドな見た目って一体どんな見た目なのかというと、なんだか黒い背景に明朝体でやたらと明るい色で文字が書かれていたり、あまり手の込んだサイトとは言えないような見た目をしていたりです。
なんだか、普通の人が寄り付かないような路地にあるビル地下のお店ってありますよね、あんな感じにイメージしていただければと思います。
イメージ的にはああいうのであっています。
ああいう見た目をしているサイトでした。
機能もシンプルで見た目もなんだかちょっと危ないような感じがするということで、当初はあまり利用者がいませんでした。

■携帯
しかし、ドコモがiモードを発表したことによって、携帯電話でインターネットを利用できる時代が到来しました。
携帯電話でインターネットを利用できるということで、さまざまなウェブサイトが携帯専用のページを作ったりし始めました。
その流れに遅れてはいけないと出会い系サイトも、そのビッグウェーブに乗ることにしました。
携帯専用のページを作り、携帯でも出会い系サイトを利用できるようにしました。
すると、携帯電話と出会い系サイトの相性がとても良かったのでしょう。
瞬く間に利用者が増え始めました。
携帯電話で出会い系サイトを使うとかなり便利だということに人々が気がついたのです。
そうして利用者が増え始めるに従って、サイトの見た目も少しだけ明るいものになりました。
それが功を奏してどんどん雑誌でも紹介され始め、メディアの注目も集めました。

■衰退とSNS
でも、それからと言うもののトラブルが相次ぎ、出会い系サイトに関係する事件をメディアに多数報道され、出会い系サイトは大きなダメージを受けました。
そして、SNSが登場したのです。
SNSの登場によって、出会い系サイトはどんどんダメージを受けました。
結果、出会い系サイトは一旦衰退することになりました。
けれども、出会い系サイトはこのSNSに目をつけました。
一度は自分たちを衰退に追いやったSNSという新しいサービスを真似ることによって、持ち直そうと考えたのです。
SNSのように爽やかで誰にでも受け入れられやすいようなサイトの見た目に一新し、サイトの機能もシンプルで簡素なものではなく、足跡機能ブログ機能などをつけました。
その他の遊びに使うようなゲーム機能、小説投稿機能などいろいろな機能を付けるサイトが現れ、出会い系サイトはSNSと何ら変わらない存在へとなったのです。
出会い系サイトはSNSの作りを真似て、手を加えることによって成り立っているサイトなので、SNSと何ら変わり無いのです。
むしろ、出会いに特化したSNSだと言うことができますね。
出会い系サイトというのは昔からいろいろな苦労をしてきて、その苦労があったからこそ、今のような誰にでも受け入れられやすい、使いやすいサイトが生まれたのです。
SNSのように楽しいサイトであろうという努力が、出会い系サイトにはあるのです。

女性が家で掲示板でセフレを作るには

■家出掲示板
家出掲示板を使うことによって、女の子には色々な恩恵が受けられますよね。
女の子が家出をしようと思ったとき、誰の助けもなしでは絶対に成し遂げられません、途中で潰れてしまって家に帰ってしまい、なんのために家出をしたのかよくわかりません。
家出をするということは、それだけ親か教師かに訴えたいことがあったからなのでしょうから、途中で帰ってしまっては何にもならないというわけなのです。
やっぱり家出をしているからには自分の目的であることを訴えるための材料ですから、長期的に家出をする、それはもう親か警察かに見つかってしまうまで続けるというのがやっぱり一番なのですよ。そうなると、やっぱり誰かの助けというのが必ず必要になってきますし、必要不可欠なのです、そういった誰かの助けというのは。

■家出掲示板には助けがいっぱい。でも……。
家出掲示板には、そういった家出少女たちの助けになるような要素が満載ですよ。
例えばですね、家出掲示板というのを利用することによってですね、家出をしようとしている同じような考えを持っている人と話をすることによって、自分の感じている不安などが消し飛びますし、仲間と話をすることによって、自分の中での家出に対する意思というのがさらに強いものになって、家出というのをなかなか決行に移せなかったような人であったとしても、家出を決行に移すことができるほどの覚悟を決めることができるのです。
また、そういった覚悟の助けになるというのはもちろんのこと、家出掲示板を利用することによってもうすでに家出を何度か経験しているような先輩方から家出するときはこういう心づもりしといたほうが良いよ、とかこういったものが最低限必要になるよ、とかここはこうしたほうが良いよということを教えてもらえるので、かなり良いですよ。
家出掲示板を利用することによって、そういった不安も解消できます。
でも……大きなメリットがあれば大きなデメリットがあるというものですよね。
光あるとこに影はさすのですから、メリットあるところにデメリット有りなのです。
というわけで、家出掲示板を利用して家出をすることに女性側にはどんなデメリットやリスクがあるのかを徹底的に検証していきたいと思います。

■惑わされる
家出掲示板にはいろいろなタイプの人が集まりますから、いろいろな情報が交錯します。
いろいろな人が書き込んだいろいろな情報というのは、そのどれもが誰かに当てはまることなのでしょうけれども、自分に本当に合った情報なのかというのがわかりません。
情報が沢山あればあるほど、今の自分の状況に一番ぴったりくる情報っていうのはどれなのだろうということをきちんと見極めなければいけなくなってきますが、それがどんどん難しくなるのです、情報が多ければ多いほど。
ですから、家出掲示板というのは家出に関する情報というのを一気にたくさん集めることができるというメリットがあるのですが、その情報の真偽とか、その情報が自分にあったものなのかを確かめるのが大変難しく、大抵の人は惑わされてしまうということがあります。
でも、なかなか惑わされないようにするのは難しく、やっぱり惑わされてしまうのが普通なのかもしれませんけどね。

■変なテンションになる
家出をしたいなあという考えが自分の中で、きちんと考えてきっちりと固まった上でその決意が既に強固なものになっている場合は良いのですが、そうでない場合はいろいろ大変です。
先輩方の体験談や、先輩方のおはなし、ためになることなどを聞いたり、家出をしたいなあと考えている仲間たちと話していく中で、変なテンションになるのです。
そうやって変なテンションになることによって、あなたの脳はアドレナリンがドバドバ分泌されて、冷静な思考・判断ができなくなってしまい、やんわりとしか家出を考えていなかったのに家出をしてしまっていざしてみると後悔するという人がいらっしゃいます。
男の人に援助してもらおうとする前に後悔するのなら良いのですが、男の人と会って食事をしてホテルに入ってから今更の後悔をしてしまう人というのがやっぱり多いです。
しかし、ご飯を食べさせてもらってからではもう全てが遅く、後悔したとしても体を好きにさせるしかないのです。
だから、まだあまり覚悟ができていない状態での掲示板利用はおすすめしません。
お気をつけください。

■変な男もいる
家出掲示板で家出をするということは、ハッキリ言って危険なギャンブルです。
賭け事をしているのと同じようなことなのです。
だって、実際に会って話してみるその時まで、相手がどんな人かわからないのですから。
そして相手が変な人だったりした場合でも、こちらは援助を頼んでいる身ですから、なかなかノーとは言えませんよね。
食事の時はすごくいい人だったのに、セックスになるとかなり性格が変わってしまって怖い人になるというケースも多く見受けられますから、あまり期待しすぎたりすることは禁物です。
ギャンブルをしているのだという自覚はしっかりと持っておきましょう。
その自覚を持っているかいないかで大きく変わってきます。

以上が、家出掲示板を使って家出をするときの女性側のデメリットやリスクでした。
これらのデメリットやリスクがありますが、これらを意識しつつ楽しく掲示板を利用してください。
意識すればもっと安全に便利に利用できるはずです。

今から会えるせフレ アプリ掲示板や出会い系サイトを利用していてトラブルが発生するわけ

利用しているのが人間同士である以上、せフレ探し目的で無料出会い系サイトでのトラブルを完全に避けることはできません。
出会い系サイト上で一切トラブルに巻き込まれたことがないという人は、よほど運が良い人か、あるいはまだ出会い系サイトを利用したことがない人のどちらかです。

出会い系サイトやせフレ探し絶対みつかるゾcomを利用していてトラブルに巻き込まれる理由、それはズバリ、出会い系サイトを運営管理しているのも、またそのサイトを実際に利用しているのも人間だから、というのが最も適切な説明でしょう。
人間同士がやることには、どうしてもトラブルがつきものなのです。
人間関係の複雑さほど、トラブルの原因になるものはないので、それをどうしても避けたければ、本当に一人きりで生活するほかないのですが、一人きりで生活するなんて、誰にとっても不可能なことです。

もちろん、出会い系サイトもしくは、せフレ 掲示板を利用しているなら、いかにしてトラブルに巻き込まれないかということを考えることは非常に重要です。
けれどもそれ以上に大事なのは、実際に自分がトラブルに巻き込まれた時、いかにしてその被害を最も小さくするかと考えることが最も重要なのです。

悪徳サイトを利用している場合、考えられる詐欺の規模は大きなものになります。
だいたい、悪徳サイトの運営者は「利用者を騙す」という明確な意図を持ってサイトを運営しているわけですから、詐欺の手口はどんどん巧妙化して被害が拡大するのは当然のことなのです。

ですが、私があえてここで取り上げたいのは、悪徳な出会い系サイトへ誤って登録してしまい、そのことによって巻き込まれる悪質な詐欺ではなく、誰もが信用する優良な出会い系サイトを利用しているにもかかわらず巻き込まれてしまうトラブルの類です。
この両者は全く別物なので、場合によっては、利用者の心構えも全く別の物にする必要があるのです。

優良サイトを利用していて巻き込まれるトラブルは、その大半が人間関係のトラブルです。
例えば、会員女性のはずなのに一向に出会えることがないキャッシュバッカーの存在とか、同じく、どれだけ親密にメールのやり取りをしても絶対に出会えることがない、ネカマや冷やかしの存在とか。

これらの活動があまりに悪質なものになると、起こった利用者たちによってアクセス禁止にされることもよくあります。
アクセス禁止の通報というのは、真面目に出会い系サイトを利用したいと考えている会員を守るための機能です。
サイト内で行っている行為があまりにも悪質だということが運営側に認められたら、その会員をアクセス禁止にすることができるのです。
つまり、利用している出会い系サイトから追い出すことができるのですね。

アクセス禁止という機能は、出会い系サイトを安全に運営していくためには欠かせない機能だと思われます。
けれども、たとえこの機能があったとしても、出会い系サイト内で迷惑行為を行う会員がいなくなるわけではありません。
本当にこればかりはどうしようもない問題なのです、出会い系サイトを利用しているのが人間である限りは、その中に必ず悪意を持って他のユーザーに接する人がいるのだという事実は、どうやったって変えようがないのです。

だから、まずは怪しいと思ったユーザーとはメールのやり取りをしない。
どうしてもしつこくメールが送られてくるなら、そのアドレスを受信拒否にする。
個人のスマートフォンやパソコンなどのアドレスが知られてしまった場合は、思い切って自分のアドレスを変更するというのも有効な手段の一つです。
出会い系サイトを安全に利用したいなら、自分の身は自分で守れるようになってください。

著者情報

◆運営:『myorangecup.com』運営事務局

◆運営代表:重田 正信

◆運営住所:沖縄県那覇市

◆ご連絡先:sakutatadashi@gmail.com